優美な絵画、古代の織物や他の工芸品、神聖なダンスの形、魅惑的なフェスティバル、きらめく彫刻などの魅惑的なモザイクとクラシックのメロディーがシームレスに融合するインドは、活気に満ちた芸術と工芸のポプリです。それぞれの州と連邦直轄領には民族的な趣があふれ、その美しさは刻々と増していきます。

ビダールの豪華で非常に複雑な食器であれ、アグラの美しいピンクのメーナカリ・ジュエリーであれ、これらの工芸のルーツは歴史の様々な時代に埋め込まれています。カンチプラムの高級絹カンジーヴァラム・サリーはパラバ王(275CEから897 CE)の時代に質素に始まったが、ラクナウのチカンカリ刺繍は17世紀にムガール王朝ヌル・ジャハンが授けたものとされる。

インドの多様な文化的嗜好のニュアンスを味わうために、最も畏敬の念を起こさせる芸術と工芸のアーカイブに深く足を踏み入れてください。

文化の色

インドには、素晴らしい絵画から美しい木工品や織物まで、豊かでユニークな遺産があります。

ソーシャル・フィード

あなたの体験をシェアしてください