古代の寺院、活力ある芸術、自然の不思議や活気に満ちた料理の現場がタミール ナドゥ州の州都、チェンナイをインド南端部の最も人気の高い観光地としています。コロマンデル海岸に位置するこの賑やかな町は以前はマドラスと呼ばれていました。華麗な伝統ダンス、バラタナティアムから豊富な料理の味、そしてここで取引される輝かしいシルクのサリーから華麗な寺院、教会に至るまで、チェンナイは南インドの芸術、文化、伝統を守っている都市なのです。州内の他の町へ旅行に出かける時のベースになるのがチェンナイなのです。

歴史遺産、豊かな自然と現代的な名所の他に、自然と人工物の不思議さが織りなす雑多な海岸、活気のある港、ちょっと変わったカフェ、多様な交通手段、テーマパーク、産業基地、ハイテク公園や大学があります。ここの住民は地元の人、国外からの人、インド各地から来た人が混在しています。チェンナイは周辺に自動車関連工場が集中しているため「インドのデトロイト」と呼ばれます。

町の名前の由来についてはいくつかストーリーがあります。ナヤカルス統治時代はマドラスパティナムから由来するマドラスでした。当時は、現在のSt.ジョージ砦を擁する地方の北にあった漁村でした。ヴィジャーナガール王は現在St.ジョージ砦が建ち、州政府の事務局合同庁舎を含む土地の一部をイギリスに売却したのでした。イギリス当局はマドラスパティナムの名前を残しました。地元民にとってはチェンナパティナムと呼ぶ方が普通でした。別の説によると、ナヤックの統治者、ダマル・チェンナパ・ナヤカールに敬意を払ってチェンナイと名付けた、とあります。1996年政府は公的にチェンナイとし、今日に至っています。

夢中になれる体験

Button
クリシュナマチャリャ・ヨーガ・マンディラム

クリシュナマチャリャ・ヨーガ・マンディラム

クリシュナマチャリャ・ヨーガ・マンディラムはチェンナイでヨーガを行う人

カラクシェトラ

カラクシェトラ

カラクシェトラ財団は1936年ルクミニ・デヴィ・アルンデーレにより設立

センモジ・プーンガ

センモジ・プーンガ

500種類の植物と80本以上の木々があるセンモジ・プーンガ植物園は家族

サン トーマス バシリカ

サン トーマス バシリカ

初期のままの白色のローマン・カトリック聖堂は16世紀にさかのぼるポルト

グジャラート・シュウェタンバル・ムンティプジャック・ジャイン・マンディール

グジャラート・シュウェタンバル・ムンティプジャック・ジャイン・マンディール

グジャラート・シュウェタンバル・ムンティプジャック・ジャイン・マンディ

St.ジョージ要塞

St.ジョージ要塞

初期のイギリスが建てた要塞の中で、1664年建立のSt.ジョージ要塞は

カパーリーシュヴァラル寺院

カパーリーシュヴァラル寺院

チェンナイで最も古く、また崇められた寺院の一つ、カバーリーシュヴァラル

ギンディ国立公園

ギンディ国立公園

ラジ・バヴァンに隣接したギンディ国立公園には珍しい広葉の植物(熱帯乾燥

国立博物館

国立博物館

1851年建立、インドで二番目に古いこの博物館は考古学、古代ローマコレ

チョラマンダル・アーティスト・ヴィレッジ

チョラマンダル・アーティスト・ヴィレッジ

伝説的アーティストであったばかりでなく思想家でもあったKCS パニカー

プリカット湖

プリカット湖

プリカット湖はインドで二番目に大きな汽水湖で、アンドラ・プラデッシュ州

聖マリア教会

聖マリア教会

1679年設立のSt.マリア教会はSt.ジョージ要塞の複合施設の中にあ

ヴァルヴァール コッタム コダムバッカム

ヴァルヴァール コッタム コダムバッカム

ここは著名な詩人、哲学者であるSt.ティルヴァルヴァールに捧げた歴史的

タンジョーレ絵画

タンジョーレ絵画

タンジョーレ絵画は家庭のインテリアを美しくするものであり、特別な機会の

マリーナ海岸

マリーナ海岸

長さ13kmで、この種の海岸としては世界第2位の長さのマリーナ海岸はチ

石の彫刻

石の彫刻

石の彫刻はタミール・ナドゥ州の古代からの工芸で、チェンナイ市内の寺院は

ダックシナチトラ博物館

ダックシナチトラ博物館

この遺産博物館は、南インド諸州の豊かな遺産に関する4,000以上の工芸

ティルヴァンナーマライ

ティルヴァンナーマライ

タミル・ナドゥーの中でも神聖な町であるティルヴァンナーマライは巡礼地と

カンチプラム

カンチプラム

タミル・ナードゥ州カンチプラムは寺院の街で、精神性、静寂、絹の代名詞で

プドゥチェリー

プドゥチェリー

プドゥチェリー...

マハーバリプラム

マハーバリプラム

マハーバリプラムは、7世紀から10世紀の間のとても大きい海港でした。町