古い遺跡や喧騒な地区が活気のある現代的な国際色溢れる世界と巧みに融合するインドの首都、デリーは、魅力的な観光地です。ヤムナー川の岸辺に沿った場所に位置する、約1000年の都であるデリーでは、古代と現代両方の様々な素晴らしい体験ができます。古代からの歴史がデリーを優雅に熟成させ、何世紀にもおよび栄えさせていることを、今ある現代が、この首都がインドの民主主義の中心地であり、世界の最先端を走る大都会の住民に後塵を拝さないことを証明しています。

オールドデリー周辺を中心地とするこの首都の喧騒とした旧市街は、食文化に活気があり、不規則に広がる道にこの世のありとあらゆるものを販売している店が立ち並んでおり、それらがデリーの古代文化を保護し、都市の畏怖を保っています。オールドデリーを散策すると、ムガル時代の厨房に起源を持ついくつかの非常に古い調理法で作った食べ物を食してみたり、安価な価格で購入できる見事な手工芸品やたくさんの衣服、あつらわれた宝石類を見て回る際には本物の民族文化に浸ることができたりするため、忘れられない思い出となるでしょう。

迷路のようなチャンドニ―・チョーク(ムーンライト通り)の中心には、インドで最大規模のモスクの一つである神々しいジャマ―・マスジドがそびえています。すぐ近くには、ムガル国の皇帝であったシャ―・ジャハーンの遺産でもある、デリーが誇るユネスコ世界遺産である赤い城があります。デリーを中心地として帝国を統治していた偉大なムガル国の王に敬意を表して建てられた数少ない古い砦やデリーの象徴的なクタブ・ミナール、古代寺院がデリーの考古学的至宝としてそびえています。デリーがより現代的に体現された場所がニューデリーであり、代表的な政府庁舎や華やかな並木道、不規則に広がる住宅群、高級レストランやカフェ、荘厳な寺院、緑豊かな庭園などが点在する世界最大の民主主義が根付くパワーシートとなっています。ほとんどすべてのインドの州の本格的な料理を食してみることができるため、グルメファンの人たちにとっては天国であるデリーでは、たくさんの舌の肥えた旅行者をうならせる海外や地元の珍味すべてを味わうことができます。

デリーはショッピングの中心地で、市場では、書籍からお洒落な衣服、見事な宝石類、精巧なアクセサリ、電子機器、履き物に至るまで、すべてのニーズに応えてくれます。デリーの大半の高級小売店やブランドでは、買い物客は商品を購入後すぐに着用して店を出られ、また、たくさんの年代物の工芸品や織物を販売する店舗があります。デリーがインドの政治的中心地として重要であることは疑いの余地がありません。

連邦直轄領には、インドの国会や大統領の居住地としても知られるラシュトラパティ・バワン、ラジ・ガット(国父マハトマ・ガンジーに捧げられた記念碑)などの畏怖を抱かせる構造物やコノート・プレイス、ロディ・コロニーなどの地区があります。デリーは1世紀以上にわたってインドの首都となっています。過去には、幾人かの非常に偉大で権力のある支配者が統治してきたこの都市の起源は、ヒンデゥ―教の叙事詩であるマハーバーラタにおいて、この都市がパンダヴァの居住地とされたインドラプラスタとして知られていた時に遡ります。

1192年に、アフガニスタンの戦士であるムハンマド・ゴーリがこの地域を占領し、デリー・スルターン朝が建てられました(1206年)。1398年に、トルコからモンゴルにかけての地域を統治していたティムールがこの都市を侵略し、王国を建てました。後にローディ朝の王によって統治されましたが、その王もインドのムガル帝国の創始者であるバーブルに打ち破られました。デリーは、シャ―・ジャハーンの治世下に、ムガル帝国の首都となりました。ムガル帝国は3世紀を超えて栄え、後にインドが英国に支配された時に、英国が首都をカルカッタからデリーに移しました(1911年)。また、デリーはトゥグルク朝やハルジー朝などの別の主たる王朝の首都としても機能しました。独立後の1947年に、ニューデリーがインドの正式な首都となりました。

夢中になれる体験

小旅行

魅力的な首都の近くを探索

Button
ハズラッド・ニザームッディーン・ダルガー

ハズラッド・ニザームッディーン・ダルガー

デリーで最も注目の宗教地の一つであるハズラット・ニザームッディーン・ダ

インド門

インド門

国のために命を犠牲にした勇敢な兵士に敬意を表して建てられた壮麗なアーチ

ナショナル・ズーロジカル・パーク

ナショナル・ズーロジカル・パーク

ナショナル・ズーロジカル・パーク、また一般的にデリー動物園とも呼ばれる

ラジガート

ラジガート

国父としてあがめられているモーハンダース・カラムチャンド・ガーンディー

キーラ・ライ・ピソラ

キーラ・ライ・ピソラ

デリーの歴史的至宝である、ラル・コット(Lol...

コノート・プレイス

コノート・プレイス

デリーの中心地にあるコノート・プレイスは、ジョージアン様式の建築術に基

二ムラナ

二ムラナ

デリーから約140kmのところに位置する、西暦1464年に建てられた二

クトゥブ・ミナール

クトゥブ・ミナール

デリー・スルターンと同じくらい古い歴史があるとされる代表的な都市、クト

ガーデン・オブ・ファイブ・センスズ

ガーデン・オブ・ファイブ・センスズ

20エーカーの土地に広がる、ガーデン・オブ・ファイブ・センスズを訪れる

戦没者慰霊碑

戦没者慰霊碑

国のために命をささげた勇敢な人々と殉教者への国民的な賛辞として、戦没者

イスクコン寺院

イスクコン寺院

驚嘆に値する建築物である、デリーに位置するイスクコン寺院は、インド中に

国会議事堂

国会議事堂

世界最大の民主主義国インドの政治の中心地である国会議事堂は、デリーで最

ラシュトラパティ・パワン

ラシュトラパティ・パワン

インドの大統領の正式な邸宅であるラシュトラパティ・パワンは、デリーで特

ジャンタルマンタル

ジャンタルマンタル

1724年にジャイプールのマハラジャ・ジャイ・シング2世によって建てら

オールド・フォート(プラーナキラ)

オールド・フォート(プラーナキラ)

16世紀に建てられたこの石造りの城砦は、マハーバーラタ叙事詩にも記載が

グルドワラ・バングラ・サヒブ

グルドワラ・バングラ・サヒブ

喧騒としたマーケットの中の静かな場所であるグルドワラバングラサヒブは、

ジャ―マ―・マスジド

ジャ―マ―・マスジド

インドで最も大きなモスクの一つであるジャ―マ―・マスジドはオールドデリ

ヨガのモラルジデサイ国立研究所

ヨガのモラルジデサイ国立研究所

1970年に建てられた、ヨガのモラルジデサイ国立研究所は、ヨガや他の古

フィールズ・シャー・コトラ・フォート

フィールズ・シャー・コトラ・フォート

デリーで最も古い構造物の一つであるフィールズ・シャー・コトラ・フォート

トゥグラカー・バード

トゥグラカー・バード

デリーの郊外に位置するトゥグラカー・バードは、14世紀にデリーを統治し

ティーン・マーティ・ハウス

ティーン・マーティ・ハウス

旅行者が周遊する中で人気の歴史的な立ち寄り場所であるティーン・マーティ

赤い城

赤い城

デリーの中心部に位置し、細かい赤砂岩でできている荘厳な赤い城は、ムガル

シャフダル・ジャング城

シャフダル・ジャング城

時を経ても変わらない姿をとどめるサフダル・ジャング廟は、写真のように美

セントジェームズ教会

セントジェームズ教会

その起源を19世紀に遡る、デリーで最も歴史の古い教会の一つであるセント

ディリ・ハアット

ディリ・ハアット

ディリ・ハアットは、華やかな文化や文化的工芸品や文化固有の食べ物などの

バハーイーロータス寺院

バハーイーロータス寺院

巨大なハスの形に建てられているバハーイーロータス寺院は、遠方からも広く

アグラセン・キ・バーオリー

アグラセン・キ・バーオリー

喧騒としたデリーの中にある古風で趣のある閑静な場所であるアグラセン・キ

チャタールプール・マンディール

チャタールプール・マンディール

ドゥルガー女神の化身であるカテァヤニ女神(Goddess...

チャンドニー・チョーク

チャンドニー・チョーク

オールドデリーの伝統を保護しているチャンドニー・チョークは、インドの首

アークシャルダム

アークシャルダム

ヒンドゥー教寺院で寺院全体の大きさが世界一であるとしてギネス世界記録に

クランティ・マンディ

クランティ・マンディ

クランティ・マンディ(革命の殿堂)は、ナレンドラ・モディ首相が2019

クルクシェトラ

クルクシェトラ

ハリヤーナ州の寺院、神聖な戦車や巡礼地が点在する広大な都市、クルクシェ

チャンディーガル

チャンディーガル

大規模な大通り、穏やかなスクナ湖、広大な公園、壮大で現代的な建物、有名

ハリドワール

ハリドワール

そこは、信者でにぎわい、その空気は線香の甘い香りと神殿の鐘の音で満たさ

ジャイプール

ジャイプール

ジャイプールは、ラージプート王の英華を示す歴史的な建造物や庭園が点在す

アグラ

アグラ

タージ・マハルは世界七不思議のひとつであり、ウッタル・プラデーシュにあ